足の冷えが起きる原因とは?

氷の様に冷たい足の冷えはどうしたらいいの?

    

llllllllllllllooooooolll

自分の足先の感覚がなくなってしまうほどの足の冷え。これは一体どうしたら治るのでしょうか?体質だし、仕方ないよね、と思っていませんか?

しかし子供時代に足が冷えて眠れないなんて子供は見たことがありません。あなたも幼少期には足の冷えなど感じたこともなかったはずです。それがいつからか足の冷えと戦う羽目になります。何故でしょうか?

実は血管というものはつなぎ合わせると地球のおよそ2週半分もの長さがあると言われています。その中で最も血液が集中しているのが内臓です。

まずは生命を保つために血管が内臓を温め機能させています。ですから末端にはそれほど血液が循環せず、冷えが起こりやすいと言われています。

足の冷えは内臓をまず温める血液のせいで切り捨てられるから

ではなぜ足は冷えてしまうのでしょうか?手や足は心臓から最も遠く、静脈で血液を戻すのに強いポンプ力が必要となります。血行不良に陥りやすいのも冷え性の原因の1つです。

特に足は血流が滞ると冷え、血流が少ないとますます足の冷え込みが酷くなるというスパイラルになってしまうのです。

寒さで体が冷えるという状況で、真っ先に冷えるのが足先、指先です。肝心な体幹部分には充分熱を届けるほうが先なのです。

人間は生きるという目的を持っていますから、それを末端に血液を送ることで死滅させてしまっては大変なことになります。

そのため、血液は内臓を温め、末端である手足は切り捨てているようなものなのです。足の冷えは肩こりや腰痛、クマなど様々なトラブルを引き起こしますから、足の冷え性だ、と自覚している人は普段から意識して治すようにしましょう。

足の冷え性を改善するにはどうしたらいいの?

まずこれを読んでいるあなたは靴下の2枚ばきをやめましょう。靴下は1枚で充分です。むしろ素足でも構わないのです。足が冷えないようにともこもこの靴下や靴下の重ね履き、ひーるや硬い靴などを履いていると冷え性は一生ものになってしまいます。

本来歩いているときは足が反るように曲がる、足先が地面をつかむように仕向けられています。それを靴下が分厚かったり硬い靴を履いていると足の機能が低下します。これも冷えの原因の1つです。

自宅でもできるだけ薄めの靴下をはき、素足でいられるのなら素足で過ごしたほうが良いでしょう。足を自由にする時間を作る、オンオフを抑えておくようにします。

また寒い場合は何度も足首を回し、足首体操をして、自ら足に血流が戻ってくるように仕向けるようにしましょう。こまめに動くことも必要です。寒いとじっとしていることが多いと思いますが、それでは足の冷えは改善出来ません。

hhhhhhhhyhyhyhhyhy

1日3食ではなく2食にしたり足首体操を自ら行うべし

また1日3食をやめることも視野に入れておきましょう。食べて消化する作業は思っている以上に血液を使います。エネルギーを消費するので、いつまでも足先へ血流が届かなくなります。

どんどん冷えやすい状況になりますから、1日2食でも充分なので、この際食生活を改善するという手段も足の冷え性を改善するためには必要かもしれません。

お腹がすく、という場合は、ブランチを食べましょう。ブランチとは朝食と昼食を重ねたもので、朝食よりボリュームがあり、ランチよりボリュームが少ないもののことです。ブランチを食べ、夕食を食べることになると、より理想的な足の冷えへの対応となります。